Chemchem ya Amani TANZANIA

 

タンザニア2011「生まれる生まれる」

みんな良く似ています(^^)
みんな良く似ています(^^)
今回も新しい赤ちゃんがたくさん増えていました。
写真の兄弟も5番目の女の子。
ホームステイ先のお父さんの甥っ子夫婦にも赤ちゃん。
妊娠中のお母さんも二人いました。
こちらも一人は5人目。
ホームステイ先も子供は7人。
まだまだタンザニアは子沢山の傾向です。
子沢山だと学校に行かせるのが大変ですが、上の子は下の子を良く見るし、家のこともみんなよく手伝うし、良い面もあるんですよね。
賑やかで仲の良い大家族を見ていると、日本も昔はこうだったんだろうなぁと、今の核家族化もどうなんだろうと考えたりします。

一方、一人の妊婦さんは結婚していません。
父親は誰だかはっきりしないとか。
彼女はまだ幼くて、実家で子育てすることになります。
でもいつかちゃんと結婚したら、生まれてくる子はきっと実家に置いていくことになるでしょう。
女性の連れ子は受け入れられないのがタンザニアでは一般的です。
こういう子供たちが、タンザニアにはたくさんいます。
支援をしている子供たちの中にもいます。
実家に置いて行かれた子は、祖父母と暮らしますが、祖父母は高齢になり、亡くなったり、食べさせていけなくなったり。
こういう状況を減らすのも、「教育」だと私は思います。
教育を通して、お父さん・お母さんと暮らせない孤児が、少しでも減るようになればと思います。

  • posted by naomaru さん
  • 2011-9-15 13:07
  • ヒット数 (1994)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧