Chemchem ya Amani TANZANIA

 

Peace

2008年1月4日(金)

平和に暮らしたい。
というのは、一般市民なら誰もが持つ感情です。
争いを好きこのんで行う人は、一般市民の中にはいないでしょう。

ケニアの混乱はまだ収まってはいません。
しかし、人々は、好きで暴動を起こしているのではありません。
できることならしたくありません。
理不尽な生活の中で、これまで平和を保ち続けてきたのは、
他でもない彼らの忍耐と共に生きようという心のおかげです。

今回の選挙は、ケニアの一般市民の大きな期待を伴う「希望」でした。
彼らは政権交代によって、少しでも理不尽な世の中が改善されることを祈っていました。
何より、平和に助け合って生きていける世の中を望んでいました。
その期待はとても大きかったのです。

それを、「不正」によって裏切られました。
「希望」は踏みにじられました。
怒りは当然のものです。

これまでの我慢に耐えられなくなった人々が、力で反発をし、
それを政府側がさらに権力と軍事力で抑えようとしています。
そのためスラムに閉じこめられた人々は、日々の食糧にも飢え、
恐怖に怯え、混乱はさらに大きくなってしまいました。
それが今の状態になってしまいました。

不正はあってはいけないことです。不正は正されなければいけません。
政治は国民のもので、全ての人がクリーンな政治を求めています。
でも、ケニアの人々のほとんどが、何より平穏な日々を望んでいます。
そして彼らは、それが出来る国民です。

ケニアは本当に素敵な国です。
それは特に、一般の人々の心によるものです。
助け合い、共に生きていく心を持ち、
日々の生活の中に幸せを見いだし、感謝して生きていける人々です。
そして生きるエネルギーをたくさん持った人たちです。
それを周囲の人々に分けることの出来る人たちです。

私はケニアでたくさんのエネルギーと笑顔をもらいました。

一刻も早く、ケニアで血が流れることを止めさせ、
一刻も早く、今回の不透明な選挙に対し、適切な対応が取られ、
国民の納得のいく正当な結果を出し、
ケニアのあの笑顔が、あの平穏が、一日も早く戻りますように。

  • posted by naomaru さん
  • 2008-8-13 0:06
  • ヒット数 (3638)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧