Chemchem ya Amani TANZANIA

 

双子のフローラとブラッシアの今

中学4年生の時。左からブラッシア、フローラ、妹のラヘリ。
中学4年生の時。左からブラッシア、フローラ、妹のラヘリ。
いろいろとお知らせが出来ていないことがたくさんあるので、少しずつでも発信していきたいと思っています。

今日お伝えするのは、2014年から支援をしている双子のフローラとブラッシア姉妹の今について。
支援開始当初は二人とも小学校6年生でした。
二人のお母さんは女手一つでフローラとブラッシア、妹のラヘリ、弟のダニエリの4人を育ててきました。親族は助けてくれるどころか、祖父母も母親が世話をしている状況で、さらに母親の兄はフローラたちの住んでいた家を自分の財産だから出て行けと追い出す始末。
フローラ一家は村の人たちの助けを借りて、やっと小さな自分たちの家を建て、暮らしています。
生活は厳しいですが、子供たちはとても勤勉で優秀です。常にトップクラスだった二人は、無事中学に合格、卒業しました。

現在ですが、姉のフローラは育ったムビンガからバスで8時間ほどのンジョンベにある職業訓練校の畜産科に通っています。卒業すれば、役場の畜産課などに勤務できるかもしれません。
妹のブラッシアはンジョンベよりさらに遠いムベヤの看護学校に通っています。立派な看護師に育ってほしいです。

二人とも3年間通わねばなりませんし、村から通える場所ではないので生活費がかかります。学費がそれぞれ年間約6万円、さらに生活費は母親もコーヒーを売ったお金でやり繰りするということですがとても足りないので、約半額の一人当たり1万5000円を支援することにしました。

二人にはずっと継続支援いただいている里親様がいますが、お一人からのご支援ではとても賄える額ではありませんので、イベントの売り上げや無指定のご寄付や正・賛助会費で賄っています。
彼女たちが無事卒業、就職して、母親や妹、弟たちの助けとなれる日まで、支援していきたいと思っています。どうぞ皆様のご支援お待ちしております。

支援開始当時6年生だったフローラとブラッシア
支援開始当時6年生だったフローラとブラッシア
2018年に家庭訪問した時の写真。そろそろ会いたいです。
2018年に家庭訪問した時の写真。そろそろ会いたいです。
  • posted by naomaru さん
  • 2021-5-11 3:23
  • ヒット数 (191)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧