Chemchem ya Amani TANZANIA

 

『タンザニアのお話』 旭小学校4年生

写真を紹介しながらお話しました。
写真を紹介しながらお話しました。
先週の12月12日(火)、旭小学校の4年生を対象に、『タンザニアのお話』をしてきました。
当日は留学生のビクターさん、アフリカンダンスと太鼓の出来るKさんにもお手伝いをしていただきました。

私の撮影したタンザニアの写真をスライドショーで見せながら、タンザニアの概要をお話し、ビクターさんとスワヒリ語で会話をするアクティビティを設けました。
Unaitwa nani?(あなたの名前は?)
Ninaitwa ○○○○.(私は○○○○です。)
といった会話をカタカナで書いておいて、当てはめながら読んでもらうようにしました。やりたい人?!と聞いたのですが、もう恥ずかしいお年頃なのですね。手は上がらなかったので、全員で一斉に答える形にしました。少しは覚えてくれたでしょうか?

そしてタンザニアの子供たちの生活を紹介しながら、自分たちの暮らしとどこが違うのか比べていきました。
途中、頭で重たい荷物を運ぶ写真を紹介し、持参した5キロと10キロのお米の袋を頭に乗せて運ぶ体験をしてもらいました。
こちらはやってみたい!という子が多く、休み時間にも代わるがわる頭に乗せてみていました。首が痛い!という感想が多かったです。

そしてタンザニアには学校に行けない子供たちがたくさんいることを話し、支援している子供たちのなかの二人を例として紹介させていただきました。
また、現在当会では支援は出来ていないのですが、タンザニアにはストリートチルドレンも数多くいること、その暮らしがいかに危険で子供にはふさわしくない環境であること、それでも路上で暮らさなければならないことを、私が出会ったストリートの子供たちの写真を見せながらお話しました。

ここで休み時間を挟みましたので、みんなお米を頭に乗せたり、女の子にはカンガを巻いて着てもらったりしました!

そしてみんなこの日のためにタンザニアについて調べてきてくれていて、話を聞いて分からなかったことなども合わせて質問をしてくれました。

最後にKさんの太鼓と、担任の先生のギターの生演奏に合わせて、みんなで「JAMBO BWANA」を大合唱しました!

子供たちはビクターさんに興味津々で、休み時間は彼を取り囲んでお話していました!来てもらって良かった!

お話終了後も玄関の外までクラス全員でお見送りをしてくれました。
とってもかわいい子供たちで、先生も一生懸命で、雰囲気の良い素敵なクラスでした!ありがとうございました!

今回、みんなで撮った写真を貼った寄せ書きをお願いしました。
年末にタンザニアに行く際に持って行き、中学校と小学校にプレゼントしたいと思っています。

タンザニアまであと9日です!!

ビクターさんも日本語で自己紹介してくれました。
ビクターさんも日本語で自己紹介してくれました。
お米を頭に乗せる体験は大人気でした!
お米を頭に乗せる体験は大人気でした!
  • posted by naomaru さん
  • 2017-12-20 14:22
  • ヒット数 (386)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧