Chemchem ya Amani TANZANIA

 

タンザニア2018 その4「やっと着いたよ、ムビンガ!!」

自分で作ったおもちゃを売る少年。クオリティ高い!
自分で作ったおもちゃを売る少年。クオリティ高い!
 さて、元旦の早朝からまた約350キロの大移動です。(泣)

 6時発の小さめのバスに乗り、約4時間。ここは警察もいないのか以前と変わらない飛ばしっぷりでした。こここそグネグネ山道で事故りそうなのに(^^;)

 で、乗り換え地のソンゲアに着きましたよー降りてくださーい。と言われた場所が見知らぬ場所!!おお!また!すんなり行かないぜ!!
 聞くとどうやら以前の街中のバススタンドは小型の単距離バスのスタンドになったようで、長距離バスの発着はこの新しいスタンドになったそう。新しいって、土だし、なんもないし、街から遠いし。(‐‐)
 でもムビンガ行のバスはすぐ隣に停まっていて、すぐ出ると。トイレだけ行って乗り込む。ガラガラだけど・・・。でもすぐ出発。ワオ。 
 と、思ったら結局昔からのバススタンドに入って人が集まるまで1時間待たされる。もぅ、やっぱりタンザニアだわ。
 物売りが少なくて食べ物も買えないし、蜂蜜食べながらトモちゃんの連絡先をしつこく聞く兄ちゃんたちしかいないし。
 でも男の子が売っていたおもちゃには感動!!押して歩くと人形が自転車をこぐんだけど、どうやら少年自分で作ったそう!!すごい!!欲しい!!すごーく欲しかったけど、鞄に入らないので断念。でも隣のおじちゃんが買っていて見せてもらえました。売れて良かったね!頑張れ少年!!

 ムビンガ行は11時に出発して3時間でムビンガへ。ソンゲア‐ムビンガ間は完全舗装路になったのに、未舗装路のボコボコの時とかかる時間は同じって、どういうことなのでしょうね。ぎゅうぎゅうの重たいバスで山道をあちこち止まりながら進むのが原因でしょうかね。
 
 バスから町の入り口のシンボル的な教会が見えたときはウキウキしました。着いた着いた!!

 着いたらすぐに、カデンゲとジャコブ先生を発見!4年ぶりの感動の再会です。電話で連絡していたので、バススタンドで待っていてくれたのです。
 でも、ここから村まではまだ移動なのです。まだ本当の目的地ではないのです。
 さぁ、バイクに乗るか!!
・・・と思ったら、車があっちに停めてあるって。え?車?誰の?!NOAだし!ボコボコではあるけど、バイクよりずっと快適!!
 聞くとジャコブ先生が知り合いに、育てていた木の苗木をあげたら、この車をお礼にくれたそう。現代版わらしべ長者や!!

 と、いうことで、車に乗って約30分、やっとやーーっと目的地のキタンダ村(今はマングワガーラ村)に到着したのでした。つづく!!

ムビンガの町の入り口にあるシンボル的な大きな教会
ムビンガの町の入り口にあるシンボル的な大きな教会
村までの道のりの景色はこんな感じです♪
村までの道のりの景色はこんな感じです♪
  • posted by naomaru さん
  • 2018-3-13 3:18
  • ヒット数 (2636)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧