Chemchem ya Amani TANZANIA

 

キタンダ村に私立幼稚園が出来ました。

幼稚園に来ている子供たちと先生
幼稚園に来ている子供たちと先生
もう昨年のことなのですが、いつもキタンダ村の活動を手伝ってれているジャコブ先生から、自分たちで幼稚園を始めたと連絡が来ました。

タンザニアにも、幼稚園はあります。
でもそれは大きな町での話です。
でも農村部にも、shule ya awaliといって、大抵の小学校で入学前の子供たちが行くクラスがあります。それが農村部の幼稚園です。でもそれはほんの数時間で終わってしまったり、十分な指導があるわけではないので、通っている子は多くはありません。
でも幼児教育は大切です。
そこでジャコブ先生は同じく元教員の奥さんを先生に、教会の建物の隣に幼稚園を開いたそうです。
それが2021年、7月でした。

15人の子供たちが集まり、年間6万sh(約4,000円)と安くはありませんが、uji(タンザニアの軽食)を提供もしているそうです。今はだだっ広い教室に椅子と黒板があるだけですが、子供たちはより良い幼児教育が受けられるようになるのではと思います。

また、現在学校を卒業したのに仕事が見付からず、就職活動中の子供たちがたくさんいます。ジャコブ先生はそう言った子供たちが就職先が決まるまでの間働ける場所になればとも話してくれました。
タンザニアの就職難は相変わらずで、なかなか就職できない現状ですので、一時的でも働ける場所になればいいなと私も思います。

チェムチェムでは、今後幼稚園がより良い幼児教育の場になることを願い、微力ながら応援していきたいと思っています。
こちらの幼稚園への指定寄付も可能ですので、ご賛同いただけましたら、是非ご支援お願いいたします。
↓お振込先はこちら(幼稚園寄付とご記載ください)
http://www.cat.wanakijiji.com/contents/index.php?lid=15


教室の長椅子でujiを食べる子供たち
教室の長椅子でujiを食べる子供たち
教室の建物
教室の建物
  • posted by naomaru さん
  • 2022-11-29 3:53
  • ヒット数 (162)
  • コメント数 (0)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
パスワード
投稿本文

コメント一覧